満中陰志・四十九日法要の引き物ギフト販売 > 満中陰法要のマナー

満中陰(四十九日)法要の仕方やマナーについて

満中陰とは?

満中陰法要イメージ

仏教では人が亡くなってから7週間(49日間)は「中陰」といい、死者が現世と冥土の間をさまよっているといわれます。その間に供養することで、死者の霊が無事に極楽浄土に行き、成仏できることを願います。死亡した日から7日目が「初七日」です。それ以降の四十九日までの法要と、百か日の法要は、僧侶の読経も省いて内輪だけですませるのが一般的です。

四十九日の法要は「満中陰」といい、一周忌までの法要の中で最も重要な忌明けの法要で死者の成仏を願って遺族が近親者、友人、知人を招いて行います。納骨をあわせて行うことも多いようです。

満中陰(四十九日)に法要を営む

満中陰(四十九日)などの規模の大きな法要では、僧侶に読経してもらい、式の終了後には会食の席:お斎(おとき)を設け、僧侶と招待客をもてなします。法要は寺院や自宅、斎場、ホテルなどで行います。

当日、参列者には、引き物(手土産)を配ります。引き物にはお菓子やお茶のほか、タオルセットなどの実用品を。黒白か銀色の結び切りのかけ紙に、表書きは「粗供養」「志」などとし、下に「○○家」と性を入れます。関西では「茶の子」の表書きも使われます。


葬儀後の主な法要(仏式)
初七日

しょなぬか

死後7日目(死亡日を含む)
※火葬後の遺骨迎えとあわせて行うことが多い。
二七日

ふたなぬか

死後14日目
三七日

みなぬか

死後21日目
四七日

よなぬか

死後28日目
五七日
(三十五日)

いつなぬか
(さんじゅうごにち)

死後35日目
※忌明けの法要を行うこともある。
六七日

むなぬか
(ろくしちにち)

死後42日目
※省略されることが多い。
七七日
(四十九日)

なななぬか
(しちしちにち)

死後49日目
※忌明けの法要を行う。満中陰ともいう。
百か日

ひゃっかにち

死後100日目
一周忌

いっしゅうき

死後1年目
※以降は祥月命日に法要を行う
三回忌

さんかいき

死亡年を含めて3年目
(死後満2年目)
七回忌

しちかいき

死亡年を含めて7年目
十三回忌

じゅうさんかいき

死亡年を含めて13年目
十七回忌

じゅうしちかいき

死亡年を含めて17年目
二十三回忌

にじゅうさんかいき

死亡年を含めて23年目
二十七回忌

にじゅうしちかいき

死亡年を含めて27年目
三十三回忌

さんじゅうさんかいき

死亡年を含めて33年目※「弔い上げ」とすることが多い。
五十回忌

ごじゅっかいき

死亡年を含めて50年目
百回忌

ひゃっかいき

死亡年を含めて100年目

法要の準備の手順

快気祝いの仕方
@日程
年忌法要は原則として祥月命日に行いますが、日をずらす場合は、必ず命日よりも前にします。
A場所
寺院、自宅、斎場など、どこで行うかを決めます。最近はホテルなども会場として使われます。
B招く人を決める
招く人の範囲と人数を決めて、一ヶ月前までに案内状を送るか、電話で連絡し、出欠の返事をもらいます。
C引き物の手配
引き物(手土産)の手配をします。引き物には黒白か銀色の結びきりの水引の掛け紙をし、表書きは「祖供養」「志」などとします。関西では「茶の子」の表書きも使われます。
D会食の手配
法要のあとの会食(お斎)の会場や料理を手配します。
E寺院への謝礼
寺院への謝礼は、奉書紙に包むか白封筒に入れ、表書きは「御布施」「御礼」とし、法要の前に挨拶をするときに渡します。

満中陰志や四十九日法要の引き物の目安

満中陰志は、香典にいただいた金額の3〜5割相当の品物を贈ることが一般的です。香典の額には開きがあるので、香典の額に応じて、いくつかに分けて品物を選ぶ場合もあれば、金額にかかわらず一律のものを贈る場合もあります。特に高額のものをいただいた人には、目安にはこだわらずに、少し高額のお返しを贈ればよいでしょう。

満中陰志や四十九日法要の引き物として定番の品は?

品物は以前はあとまで残らないものが一般的でしたが、最近では多様化しています。お茶、海苔、タオル、シーツ、毛布、石けん、陶器、漆器などがよく使われます。
また最近では贈った相手がお好きなものを選べるカタログギフトが、相手の好みを気にする必要がなく便利ということで、お返しの引き出物として人気です。

★満中陰志や四十九日法要の引き物におすすめの商品をピックアップ。

快気祝いおすすめ商品

便利なインテリアグッズからファッション・グルメまでいろいろ選べるカタログギフト。

カタログギフトイメージ


満中陰志や四十九日法要の引き物などにカタログギフト 人気のコース

ほのか(仏事専門カタログギフト)

満中陰志や四十九日法要の引き物などにちょうどいい仏事専門のカタログギフト。落ち着いた和の趣で、まごころを伝えます。
カタログギフト2,500円コース
松葉(まつば)
2,500円コース

(→2,100円)
カタログギフト3,000円コース
紅梅(こうばい)
3,500円コース
(→2,520円)
カタログギフト5,500円コース
紫苑(しおん)
5,500円コース

(→4,620円)
カタログギフト10,500円コース
金茶(きんちゃ)
10,500円コース
(→8,820円)
カタログギフト 人気のコース

エターナルフレンズ(総合カタログギフト)

和風まいはーと(総合カタログギフト)

インテリアからグルメまで幅広い商品から選べるスタンダードなカタログギフト 国内外のブランドアイテムを豊富に掲載した、清楚な和風表紙
カタログギフト2,500円コース
アルマーレ
2,500円コース

(→2,520円)
カタログギフト5,500円コース
フィオーレ
5,500円コース

(→4,620円)
カタログギフト3,000円コース
牡丹(ぼたん)
3000円コース

(→2,520円)
カタログギフト4,000円コース
千草(ちぐさ)
4000円コース
(→3,360円)

満中陰志Q&A

連名で香典をもらったときのお返しは?
会社関係や趣味の仲間などから、小額の金額を何人文かまとめていただく場合があります。できればハンカチやタオルなどをお返しとして贈りましょう。みんなで分けられる菓子などを代表の人に贈るのも一つの方法です。
いただいた香典を寄付したときの香典返しは?
個人の意思や遺族の希望で香典を団体などに寄付したときは、香典返しをしなくてもかまいません。ただし、忌明けの挨拶状は送ります。あいさつ状には会葬へのお礼と忌明けの報告と共に香典を寄付した旨を記します。寄付の報告には寄付先を記しましょう。
香典の一部を寄付した場合は、金額を抑えた品物を香典返しとして贈ることもあります。この場合も、あいさつ状には寄付の報告を記します。
香典の当日返しが増えていると聞きますが・・・
本来は忌明けに贈る香典のお返しを、通夜・葬儀の当日に弔問客に渡すのが「当日返し」です。「即日返し」とも呼ばれています。
香典の金額に関係なく一律に品物を返すことが多く、香典が高額であった場合は、忌明け後に別の品物を贈ることもあります。当日返しをするときは、「これでお返しとさせていただきます」との言葉を添えた会葬礼状を渡します。
お買い物について
満中陰志・四十九日法要の引き物ギフト販売【満中陰ギフト】